中国CATL、EV電池首位疾走 世界から技術者
規模のメリットで優位

2018/5/23 0:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気自動車(EV)の電池市場を中国勢が席巻している。寧徳時代新能源科技(CATL)は創業7年目で世界首位に立ち、政府の外資排除策と規模の力を生かして急膨張を続ける。同3位の比亜迪(BYD)などを含む中国勢の世界シェアは6割超。2019年には中国が自動車メーカーに一定量のEV製造を義務付け、本格的なEV時代を迎えるが、国家戦略で動く中国勢がはや覇権を握ろうとしている。

5月中旬。中国南部の小都市、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]