/

ブロイラーを「地鶏」と表示 消費者庁が措置命令

消費者庁は22日、居酒屋チェーン「塚田農場」などを運営するエー・ピーカンパニー(東京)に対し、一部商品にブロイラーを使用したのに地鶏と不当に表示したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、再発防止を求める措置命令を出した。

消費者庁によると、同社は2016年9月から17年9月までの間、塚田農場や「じとっこ組合」のメニューに「地鶏一筋」「地鶏は野生の旨味(うまみ)」などと記載し、地鶏の写真を掲載するなどしたが、チキン南蛮やつくねにブロイラーを使用していた。

同庁や同社によると、地鶏は肉質が弾力的で、歯応えやコクがあるが、ブロイラーは淡泊で柔らかい。顧客から「本当に地鶏を使用しているのか」などと指摘があったという。他のメニューは表示通り地鶏を使用していた。

同社は「誤解が生じない表記を徹底するよう、再発防止に取り組む」とコメント。既にメニューを改め、払い戻しなどの対応を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン