/

この記事は会員限定です

中朝国境、緩む制裁 禁輸品・労働者が増加

[有料会員限定]

中国と北朝鮮の境界地帯で、国連制裁決議によって規制されている海産物の交易や北朝鮮労働者の往来が増え始めた。北朝鮮の後ろ盾としての立ち位置を固めた中国が4月以降、制裁の抜け穴に対する取り締まりを緩めているもようだ。トランプ米政権は6月の米朝首脳会談が不調に終われば圧力をさらに強める方針だが、北朝鮮の貿易総額の9割を握る中国の姿勢が包囲網に影を落とす。

「この貝は北朝鮮産だ。制裁対象だが最近は仕入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン