/

日大アメフト選手が会見 「監督の指示に従った」

アメリカンフットボールの試合での悪質な反則行為で、関西学院大の選手を負傷させた日本大の宮川泰介選手(20)が22日、日本記者クラブで記者会見し、関学大との定期戦前日にコーチを通じて内田正人前監督から「相手のクオーターバック(QB)を1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明した。

記者会見で頭を下げる日大アメフト部の選手(22日午後、東京都千代田区)

宮川選手は記者会見の冒頭、負傷させた関学大の選手らに対し「深く反省しております。申し訳ありませんでした」と謝罪。「事実を明らかにすることが償いの第一歩」と述べた。

宮川選手は、コーチから「(相手の選手を)つぶせば(試合に)出してやる」と言われた際、「ケガをさせろ」という意味ととらえたと説明。「ここでやらなければ後がない」と考え、試合当日、内田前監督に「つぶしにいくんで使ってください」と伝えたところ、前監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われたという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン