2018年11月18日(日)

ヤマハ発、2輪技術で4輪参入 自動運転で先行
悲願の自動車開発(下)

コラム(テクノロジー)
自動運転
(1/3ページ)
2018/6/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4輪車事業への参入目標を掲げて5年――。産みの苦しみを味わうのが2輪車大手のヤマハ発動機だ。2020年までに量産する目標を掲げていたが、新構造の車体開発にメドが立たず、17年末に撤回した。それでも同社は4輪参入をあきらめない。

■ハイブリッドの「準4輪車」

苦闘する新構造の車体骨格の開発継続と並んで、ヤマハ発動機の4輪参入のカギを握る「準4輪車」。電動パワートレーンの開発に備えるのが、ハイブリッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報