/

この記事は会員限定です

TBS対「物言う株主」、戦いの始まり

ガバナンスの掟

[有料会員限定]

企業に経営改革を促す物言う株主(アクティビスト)の活動が日本で再び活発になっている。TBSホールディングス(以下TBS)は総資産の半分以上を占める政策保有株(いわゆる持ち合い株)を減らして株主還元するように求められた。同社は2000年代に楽天から経営統合を持ちかけられたが、強固な持ち合い関係を後ろ盾に事実上、門前払いした。新たな「黒船」には、どう対応するのだろうか。

株主提案を主導しているのは英アクティビストの「アセット・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2661文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン