2018年11月22日(木)

マハティール新政権が抱える「時限爆弾」
アジア・エディター 高橋徹

Asia Analysis
アジア経済こうなっている
国際・アジア
2018/5/23 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マレーシアで初の政権交代が実現して約2週間。マハティール首相は自らが率いる新与党連合「希望連盟」が公約した消費税廃止を決め、汚職追及や中国が主導する大型インフラ事業の見直しにも着手した。組閣作業も本格化しつつあるが、最大のサプライズは財務相にリム・グアンエン氏を起用したことだろう。

リム氏は華人政党の民主行動党(DAP)の幹事長で、2008年から北部のペナン州知事を務めてきた。多数派のマレー系住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報