/

福岡のはしか発症16人に 鹿児島訪問の男性も

福岡県は21日、福岡市東区の20代男性と、同市博多区の6カ月の男児がはしかを発症し、4月以降に確認された感染者が計16人になったと発表した。男性は4月下旬に鹿児島県薩摩川内市を訪れた際に発症した。

福岡県によると、男性は薩摩川内市に滞在中の4月28~30日に熱や発疹が出て、症状がなくなる今月7日まで同市内にいた。はしかの発症を疑った男性はその後、福岡県内の医療機関を受診し、判明した。感染経路は調査中という。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン