タイ軍政、民主派と亀裂深く バラマキと強権で延命狙う
漂流タイ・クーデター4年(上)

2018/5/21 23:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

軍事クーデターから22日で4年を迎えたタイで、軍事政権の延命を巡る綱引きが激しくなっている。2019年2月とされる総選挙をにらみ、軍政は予算のバラマキや政界工作に動き、早期退陣を求める民主派との亀裂が深まる。輸出頼みの経済回復は格差を広げ、国民の融和をますます困難にする。対立の火種を抱えたまま民主化を巡るタイの漂流は続く。

7日、タイ東北部ブリラム県のサッカー場。集まった3万人の視線の先にいたの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]