鹿児島の酒造り、集客へ見せる 西郷どん・維新150年機に
焼酎・ウイスキー、施設の整備広がる

2018/5/22 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鹿児島県の酒造各社が観光・集客施設を整備する動きが相次いでいる。大手の浜田酒造(鹿児島県いちき串木野市)が4月末にミュージアムなどを備えた焼酎蔵をリニューアルオープンしたほか、奄美大島の町田酒造(同龍郷町)も見学者対応施設を新設する計画。情報発信を強化し、大河ドラマ「西郷どん」や維新150年関連イベントの開催で高まる観光需要を持続させたい考えだ。

「訪日外国人増加という波にも乗りたい」。芋焼酎「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]