天然鉱石繊維の腹巻き ユメロン黒川、蓄熱性高く

2018/5/21 21:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

健康寝具・雑貨製造のユメロン黒川(福井県越前市)は、蓄熱性能の高い天然鉱石繊維を使った腹巻きの販売を始めた。体温を吸収して温まる仕組みで、冬だけでなく空調で冷えた夏の室内などでも使えるという。高齢者や女性からの需要を見込み、年間5000枚の売り上げを目指す。

天然鉱石繊維は酸化マグネシウムや酸化カルシウムなどを粉末状にして繊維に練り込んでつくる。鉱石の蓄熱性と遠赤外線効果で体を芯から温めるため、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]