リゾートトラスト、「東南アでホテル検討」 伏見社長が表明

2018/5/21 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。社長に就任した伏見有貴氏は「ホテルや健康診断事業で海外展開を加速する」との考えを示した。買収した米ハワイ州の高級リゾートホテルを海外展開の柱に据える。タイなど「海外のリゾート地への進出を狙っている」という。

2014年に米国で買収した「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」は会員制でなく、一般客も予約できる高級ホ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]