/

長野市でフットサルのトーナメント4試合

日本フットサルリーグ(Fリーグ)の1部、2部などの22チームがトーナメント方式で戦う「オーシャンカップ2018」の4試合が長野市の総合スポーツアリーナ「ホワイトリング」で25~27日に開かれることになった。

県内企業約60社が支援する2部のボアルース長野は25日午後6時半から2部のデウソン神戸と1回戦を戦い、勝てば昨季1部で優勝した名古屋オーシャンズと26日に2回戦で当たる。

1回戦から準々決勝までは入場無料。丹羽洋介・長野県フットサル連盟会長は「日本代表を多く擁する強豪の名古屋オーシャンズの試合を長野で見られる機会はない。小中高生のサッカー選手にもフットサルは参考になるので、ぜひ見にきてほしい」と話している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン