2019年1月19日(土)

仮想現実のモノ、触感を再現 栗本鉄工所が新技術

(1/2ページ)
2018/5/21 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

栗本鉄工所は仮想現実(VR)の映像のなかで物体に触れたとき、その感覚を利用者に伝えるシステムを開発した。水道管大手の同社は鉄加工技術を応用。磁気で硬さを自由に変えられる素材を指先に当てて触感を再現する。触覚技術はゲームやロボットの遠隔操作などの分野で利用が期待されており、「触覚ビジネス」を収益源に育てる。

開発した素材「ナノ磁気粘性(MR)流体」は鉄の微粒子と油性の溶媒を混ぜたもの。通常は液体で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報