/

この記事は会員限定です

ご当地産品、絶えぬ本家争い 知財保護まとめ役不在

[有料会員限定]

ご当地産品の知的財産をめぐり本家争いが絶えない。愛知県では豆みそ「八丁味噌」の地理的表示(GI)の登録団体に非加盟の老舗2社が行政不服審査を申し立てる事態に発展した。地域ブランドの重みが増すなかで、地元の意見がまとまらないうちに知財登録が進み、トラブルになるケースが目立つ。

「我々がにせものとして排除された」。愛知県岡崎市で江戸時代から八丁味噌を製造する2社が加盟する「八丁味噌協同組合」が3月、農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン