/

この記事は会員限定です

「中食」市場、10兆円超え 共働き世帯の時短需要拡大

[有料会員限定]

総菜や弁当など「中食」の市場規模が2017年に初めて年10兆円を超えた。共働き世帯が増加し「時短需要」が拡大しているのが背景だ。総菜・弁当専門店の業績は好調で、コンビニエンスストアなども需要を取り込もうと中食分野の強化を競う。年25兆円ある外食市場の3分の1超の規模に膨らみ、飲食小売りの成長をけん引している。

日本惣菜協会(東京・千代田)が調べた17年の中食の市場規模は16年の9兆8399億円か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン