/

プレゼンも芸も、自信のない話し方ではウケない

東大卒お笑いタレント 石井てる美氏

「マッキンゼーとお笑いは遠い世界のようで同じことを言っている」と語る石井てる美氏

東大から大手コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、お笑い芸人になった石井てる美さん。コンサルとお笑いでは180度違う世界かと思いきや、意外に似ている点が多いそうだ。しかも、若いビジネスパーソンのスキルアップにも役立つ内容だという。どこが似ているのか、連載で解き明かしてもらおう。1回目は心構えから。

◇  ◇  ◇

私は2008年に新卒でマッキンゼーに入社し、翌年2009年8月に退社しました。そして、その年の10月にワタナベエンターテインメントが運営するお笑い芸人養成所、ワタナベコメディスクールに入学し、11期生として1年間を過ごしました。「どうしてマッキンゼーからお笑い芸人になったのか」という経緯は「東大卒の『女芸人』 就活生憧れの企業で学んだ挫折」などでお話させていただいているので今回は割愛させていただきますが、この全く異なる業界への転身のことを話すたびに「マッキンゼーとお笑いの世界じゃ全然違うでしょ?」とたくさん言われてきました。

両者とも目の前のお客さんを喜ばせるサービス業

まさしくその通りで、マッキンゼーとお笑いが遠い世界であることは間違いありません。少なくともデモグラフィック(顧客データ分析などの属性)においては。2つのコミュニティーの間ではフェイスブック上で見つかる「共通の知人」も皆無で、同じ東京に住んでいても両者が交わることはほとんど無いのではないでしょうか。

私もかつては初対面の人との間に共通の知人を見つけては「世の中狭いね~」などというありがちな会話をしていたものですが、それは世の中が狭いのではなく、広い世の中の狭い範囲にしかいない証拠だったんだなと、お笑いの世界に入ってから気づいたのでした。多様な教育のバックグラウンドを持つ人たちが集まるお笑い養成所では「マッキンゼー」を知っている人もほぼおらず、何年後かに「『マッキン税』って何かの税金かと思った」と言われたくらいです。そういうわけで、マッキンゼーとお笑いは世の中の両端にあって決して交わらず、一見全く異質な世界のように思えます。

一方で、気づいたことがありました。ワタナベコメディスクールに通っていたときのことです。お笑い芸人養成所は元お笑い芸人や構成作家の方が講師を務めることが多く、笑いの基礎を学ぶ座学の授業から、ネタ披露、発声・演技・ダンスといった実践的なレッスンまであります。私は1日3時間×週3日のコースに通っていました。そして、授業を受ける中で「あれ、これどこかで聞いたことがあるな」と思うことが度々ありました。

そして気づいたのです、「マッキンゼーと同じこと言ってる!」と。

それも1つや2つではなく、ネタのつくり方、お客さんの前に立つときのマインド設定、組織を流れる考え方まで、とにかくお互い同じようなことを言っていたのです。それもそのはずで、両者とも目の前のお客さんを喜ばせることを至上命題とした"究極のサービス業"だからです。当時このことに気づいた私は思わず膝を打ったのでした。

では、具体的に何が同じだったのか。まず今回私が一番本質的だと思ったことを一つお伝えすると、「お客さんの前に立つ以上は自信を持って堂々とすること」でした。

ビジネスにもお笑いにも「絶対」はない

「堂々としている『さま』が人の心を動かす」と石井さん

まずマッキンゼーですが、コンサルタントがクライアントの前でプレゼンテーションをするときは自信を持っていないと話になりません。頼りなさそうにモジモジしていたり、話がふわふわしたりしている人に言われたことに人が納得するわけがありません。「ここまで言い切るということはよほど確信があるんだな。それならばやってみるか」というように、クライアントの心を動かし、行動に移すまで説得するにはサービスを提案する側の自信が最低条件です。

私はマッキンゼーでプロジェクトに入りたての頃、マネージャーからの質問に自信たっぷりに答えることができませんでした。「どっちが本当にいいかなんて今の時点では絶対に分からないじゃないか」などとさえ思っていました。しかしビジネスの世界にそもそも「絶対」は存在しません。それを追求していたら何も動けません。なので、まずは強引にでも仮説を立てて、今でき得るベストを尽くして仮説の精度を高め、自信を持って推し進めるしかないのです。

「自信なさげに正しいことを言うくらいだったら、自信ありげに間違ったことを言う方がまだマシだ」と言われたこともありました。もちろん、これはあくまでもスタンスの話であって間違ったことは言ってはいけませんが、それくらい、自信のなさは悪だということです。どんな状況でも不安を一切表に出すことなく、いったんお客さんの前に立つ以上は「自信があるように振る舞う」ことも仕事のうちなのだと思うようになりました。

一方、お笑い養成所時代、一番よく言われたことがやはり「自信を持つこと」「堂々とすること」でした。当時同じクラスに、ネタの内容はともかく、いつも自信たっぷりにネタを披露する同期の子がいました。一体どこからその自信は湧いてくるのだろうとさえ思わされるものでした。するとそれだけで「この人、すごいな」と思わせるパワーが発揮されるのです。セリフが浮ついていたり、声が震えていたり、演者が自信なさそうに見えた瞬間にお客さんは不安になり、当然笑えなくなります。笑ってもらうためにはまずは安心して見てもらうこと。そのためには張りぼてでもいいから、いったん人の前に立つ以上は自分を信じて堂々とお客さんにネタを届けるしかありません。

お笑いにも客観的な「絶対」や「正解」は無いので、「本当にこれでいいのだろうか」と考え始めると止まらないし、人前で初めてネタをやるときはいつも恐怖との闘いでしたが、どちらにせよステージに立つとなれば、自分がやることを正解と信じて自信を持って堂々とするように、ということはしょっちゅう言われたことです。その堂々としている「さま」が人の心を動かすのではないでしょうか。

一見するとマッキンゼーとお笑いは180度違う業界のように思えますが、お客さん第一で、お客さんに喜んでもらうためのサービスを提供するという意味では本質的に共通しているのだと思います。(つづく)

石井てる美
 1983年生まれ、東京都出身。白百合学園中学校・高等学校から東京大学文科三類に入学。工学部社会基盤学科卒、東大大学院修了後、2008年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社、お笑いタレントを志して09年夏に退社。TOEIC990点(満点)、英語検定1級取得。現在、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いタレントとして活動中。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン