/

この記事は会員限定です

米シェール由来のLNG、輸入本格化 初の20年長期契約

まず東京ガスに到着、将来は国内需要の1割超 エネ調達のリスク分散

[有料会員限定]

米国産の液化天然ガス(LNG)の日本への輸入が21日、本格的に始まった。米国では日本企業が関わるLNG事業が相次ぎ、2019年以降、日本の輸入量の1割強に当たる取引が予定される。米産ガスは転売制限がないなど自由度が高い利点がある。トランプ米政権が対日貿易赤字の削減を求めるなか、日本の輸入増をアピールし、圧力をかわす狙いもある。

21日昼ごろ、横浜市磯子区の工業地帯に4つのドーム状の形状が目立つ大型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン