国際帝石社長に上田氏

2018/5/21 20:00
保存
共有
印刷
その他

国際石油開発帝石は21日、上田隆之副社長(61)が社長に昇格する人事を発表した。上田氏は経済産業省出身で、国内エネルギー業界の自由化や再生可能エネルギーの普及、資源外交に努めた。原油・天然ガスの生産量を5年後に6割弱多い日量70万バレル(原油換算)に高めることを目指す。

上田 隆之氏(うえだ・たかゆき)80年(昭55年)東大法卒、通商産業省(現経産省)入省。13年資源エネルギー庁長官、15年経産審議官。17年国際帝石副社長。静岡県出身。

(6月26日就任。北村俊昭社長は代表権のある会長に)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]