原価率みせて値ごろ感アピール 新興アパレルが攻勢

2018/5/22 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新興アパレルメーカーの間で商品原価を積極的に公開する動きが増えてきた。原価率や原価そのものを明示して小売価格への納得感を顧客から引き出す狙いだ。米国では透明性を売り物にした新興企業が成長している。セールで利益を確保するため当初価格を高めに設定する老舗アパレルへの不信感が背景にある。

アパレル販売のTOKYO BASEは今秋、原価率50%をうたったブランド「PUBLIC TOKYO(パブリックトウ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]