/

日航、イチゴ収穫体験など農業参入 輸出も

日本航空は21日、成田空港の近郊で農業に参入すると発表した。農業関連ビジネスを手掛ける和郷(千葉県香取市)と共同出資会社を設立し、同県成田市でいちごやさつまいもの収穫体験などができる体験型農園施設を開園。空港を訪れる訪日客らの需要を取り込む。同県で栽培した農産品を使った商品の開発や販売も手掛け、将来は商品の海外輸出も手掛ける考えだ。

成田空港で記者会見した日航の藤田直志副社長は「観光促進と言われると鉄道網やホテルなどのイメージが強いが、農産品や水産物まで含めることで本当の意味で観光業に資するのではないか」と語った。同社として農業事業に参入するのは初めてで、航空会社が手掛けるのは珍しい。

新会社「JALアグリポート」は日航と和郷が共同出資して4月に成田市に設立した。資本金は1億円だが出資比率は非開示。成田市が2020年に開業を目指す新しい成田市場と成田空港にほど近い場所で、観光農園の運営と収穫された農産物を加工しプライベートブランド(PB)商品として販売する2つの事業を手掛ける。

観光農園では農業体験ができる施設を構えるほか、レストランや野外バーベキュー施設、地元の農産品を直売する施設を設ける。農業体験は冬から春にかけてイチゴ狩り体験、それ以外の時期ではさつまいも掘りやブルーベリー、ぶどう狩りなどを実施する見通しだ。開業は20年夏の予定だが、飲食施設などは19年春をめどに開業する。

PB事業では商品販売のほか、航空便の機内食や空港のラウンジなどでの提供を見込む。農業事業は成田空港周辺から事業を展開するが、将来的には観光農園をほかの地域の空港周辺で展開するほか、PB商品も全国で販売することを目指す。さらに海外への商品輸出や東南アジアなどでの観光農園の運営事業を視野に入れる。

(志賀優一)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン