/

この記事は会員限定です

マツダが気筒休止採用 CX-5、実燃費5%向上

[有料会員限定]

マツダは2018年3月に部分改良した中型の多目的スポーツ車(SUV)「CX-5」で、エンジンの気筒休止技術を同社として初めて採用した。高速道路の定速走行中など、負荷が小さいときに4気筒のうち2気筒を止める。停止時に燃料噴射や点火はしない。吸排気バルブを閉じることでポンピングロスを減らし、5%程度の実燃費向上が期待できる。トルク変動を吸収する機構も採用し、快適な走りを維持した。

ラッシュアジャスターを伸縮

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン