衛星用電池、コスト10分の1 JAXA・桐蔭横浜大
次世代太陽電池を応用

2018/5/21 13:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授と共同で、人工衛星に積む太陽電池の製造コストを10分の1にする技術を開発した。印刷技術で簡単に作れる「ペロブスカイト型太陽電池」を使う。薄くて曲げられるため、打ち上げ後に展開して大きな面積に広げられる。数年後に宇宙で実証試験を始め、リコーなどと協力し実用化を目指す。

民間企業による衛星やロケットの開発が活発になっており、各社は家電向け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]