2018年10月15日(月)

世界初、量産車に採用 アルミを超える新炭素繊維

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/3ページ)
2018/6/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

燃費規制への対応で2025年に向けて、炭素繊維強化樹脂(CFRP)のボディーへの採用が拡大する。実用化で先行する熱硬化性CFRPに続き、熱可塑性CFRPが実用域に入ってきた。熱可塑性CFRPはアルミニウム(Al)合金と同程度の製造コストと、高張力鋼板を上回る強度を目指す。軽量化素材の常識が大きく変わろうとしている。

■GMと帝人、6年間の共同開発

熱可塑性CFRPが、世界で初めて量産車に本格採用さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報