/

この記事は会員限定です

世界初、量産車に採用 アルミを超える新炭素繊維

[有料会員限定]
日経Automotive_Technology

燃費規制への対応で2025年に向けて、炭素繊維強化樹脂(CFRP)のボディーへの採用が拡大する。実用化で先行する熱硬化性CFRPに続き、熱可塑性CFRPが実用域に入ってきた。熱可塑性CFRPはアルミニウム(Al)合金と同程度の製造コストと、高張力鋼板を上回る強度を目指す。軽量化素材の常識が大きく変わろうとしている。

GMと帝人、6年間の共同開発

熱可塑性CFRPが、世界で初めて量産車に本格採用された。米ゼネラル・モーターズ(G...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2552文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン