サバ缶、マグロ抜き初の首位 割安・品ぞろえ多彩

2018/5/21 11:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

魚介類の缶詰市場でサバの缶詰(サバ缶)が初めて売上高で首位になった。不漁で魚価が上がったカツオで作るツナ缶が値上がりし、割安で品ぞろえも豊富なサバ缶に需要が集まった。骨や皮ごと調理し、魚が含む栄養を手軽にとれることも人気を支えている。

業界推計によると、2017年10月~18年3月の魚介缶詰の売上高は400億円前後。サバ缶のシェアは2割程度から3割前後に伸び、首位だったマグロ缶を上回った。

缶詰…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]