2019年5月25日(土)

携帯サービス最貧国にも 送金・配車など急拡大
水道・電気より早く普及 外資参入で価格低下

2018/5/21 9:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】決済や配車といったモバイルサービスが、カンボジアやスーダンなど世界の最貧国にも広がり始めた。最貧国の携帯電話の契約率(人口比)は2017年に7割に達し、水道や電気などのインフラ普及率を上回る国も出てきた。未開拓の巨大市場を狙い、先進国向けだった携帯サービスの拡大に弾みがつきそうだ。

国連と国際電気通信連合(ITU)の調査によると、最貧国の携帯契約率は10年の3割から7年…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報