/

米財務長官「制裁関税は当面保留」 中国、輸入拡大

【ワシントン=河浪武史】米中両国は19日、ワシントンで17~18日に開いた貿易協議の共同声明を発表し「米国の対中貿易赤字を減らすため、中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明した。ムニューシン米財務長官は20日に「貿易戦争を当面保留する」と述べ、中国への制裁関税をひとまず棚上げして協議を継続する考えを示した。

共同声明は協議終了から異例の1日遅れとなった。両国は貿易不均衡の解消へ努力する方針で一致し、共同声明に「米国が農産品やエネルギーの輸出を大幅に増やすことで合意した」と盛り込んだ。具体策を詰めるため、米国が中国に代表団を送って再協議する。

交渉を主導したムニューシン財務長官は20日の米テレビ番組で「具体策を巡る協議の間は、追加関税の発動を保留することで一致した」と述べた。トランプ大統領は知的財産権の侵害を理由に、500億ドル分の中国製品に高関税を課す対中制裁案を公表している。

米国側は年3750億ドルあるモノの対中貿易赤字を2000億ドル分減らすよう求めている。「貿易戦争」の回避に向け、具体的な金額や品目をどこまで固められるかが焦点となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン