/

この記事は会員限定です

「不明水」流入、あふれる下水 自治体苦慮

[有料会員限定]

下水道に流れ込む想定外の水「不明水」に自治体が頭を悩ませている。雨水や地下水がどこからか下水管に浸入して発生。マンホールから水があふれ出るなど、生活に影響を及ぼすケースもある。下水管の老朽化で今後さらに被害が広がる恐れがあり、自治体が対策を急ぐ。

「トイレの水が流れにくい」「台所でボコボコ音がする」。2017年7月の九州北部豪雨の際、佐賀県江北町の役場にはこんな情報が寄せられた。同町の下水道は平常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン