/

朝丘雪路さんが死去、82歳 女優

俳優や歌手、舞踊家などとして活躍した朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名=加藤雪江=かとう・ゆきえ)さんが4月27日に死去していたことが20日、分かった。82歳だった。アルツハイマー型認知症で闘病していた。告別式は近親者で行った。

3歳から日本舞踊を習い、1952年に宝塚歌劇団に入団し娘役として活躍。退団後は映画やテレビ、舞台に幅広く出演した。歌手としても活動し、57年に「星はながれる」でNHK紅白歌合戦に初出場した。

66年から約15年間、人気テレビ番組「11PM」でアシスタントを務め、司会の大橋巨泉さんとの軽妙なやりとりでお茶の間の人気を集めた。日本舞踊では深水流を創設して家元となった。

夫で俳優の津川雅彦さんとはおしどり夫婦で知られ、長女の真由子さんも俳優として活動している。父は日本画家の伊東深水。2011年旭日小綬章。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン