文学界紡ぐ名伯楽 根本昌夫さん
発信

発信
2018/5/20 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1月に発表された第158回芥川賞で、一人の元編集者に注目が集まった。受賞した若竹千佐子さん(64)と石井遊佳さん(54)に小説の手ほどきをした根本昌夫さん(65)。教え子の「ダブル受賞」は同賞史上、おそらく初めてだ。

文芸誌の編集長を経て、大学やカルチャー教室の小説講座で講師を務める。「2人が受賞する可能性も20~30%くらいあると思っていた」。当の本人は冷静だが、講座はキャンセル待ちの長い列。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]