/

外務省幹部派遣を検討 日本政府、米朝会談時

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長=共同

日本政府は6月12日にシンガポールで予定する米朝首脳会談が実現する場合、現地への外務省幹部の派遣を検討する。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長らが情報収集などにあたる案が浮上する。北朝鮮当局者との接触も模索するとみられる。安倍晋三首相は米朝会談後、トランプ米大統領と直接会いたい意向で、米側とトランプ氏の来日を調整している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン