出身地の輪、学部超え 同志社女子大(キャンパス新景)

2018/5/19 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

同志社女子大(京都府京田辺市)の京田辺キャンパス。講堂いっぱいに並んだ各テーブルを取り囲み、大勢の女子学生が笑顔で語り合っていた。テーブルの真ん中には近畿2府4県と「東海」「四国」など全国6地域が記された案内表示。4月に開かれた出身地別の交流会の光景だ。

2018年度に入学した約1400人全員が午前と午後の部に分かれて参加した。出身地別の交流会を全員参加で開く大学は、全国でも珍しい。一部の在学生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]