2018年8月20日(月)

東北の大雨、峠越す 土砂災害に警戒必要

2018/5/19 8:59
保存
共有
印刷
その他

 東北や北陸の大雨は19日朝までに峠を越えたが、気象庁はこれまでの雨で地盤が緩んだ場所や増水した河川があるとして、引き続き土砂災害や河川氾濫に警戒を呼びかけている。

 また東日本や西日本の太平洋側では、暖かく湿った空気が前線に流れ込む影響で、大気が不安定となり落雷や突風への注意も必要だ。JR東日本は19日も、秋田新幹線の盛岡―秋田間などで始発から上下線計11本の運休を決めた。

 気象庁によると、北日本でも上空に寒気が流入するため、夕方にかけ局地的に大気が不安定となる所がある見込み。18日は前線と低気圧の影響で、秋田市で24時間雨量が観測史上最高の156.5ミリを記録するなど、東北の日本海側を中心に断続的に大雨が降った。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報