2018年8月19日(日)

3~6歳の半数スマホ常用 保護者に「ルール決めて」

2018/5/19 11:00
保存
共有
印刷
その他

 3~6歳児の半数以上がスマートフォンやタブレットを日常的に使用している。情報セキュリティー会社カスペルスキー(東京)とNPO法人「e―Lunch」(静岡)の調査でこんな実態が浮かび上がり、「ルールを作って適切に使用して」と呼び掛けている。

 昨年、就学前の0~6歳の子供がいる保護者にアンケートをした。有効回答1406のうち、3~6歳児の半数以上が「ほぼ毎日」か「週2~4回程度」、スマホなどで動画視聴やゲームをしているとの結果が出た。

 保護者の機器を利用している子供も多いとみられる。カスペルスキー社は「意図せず暴力的な映像などの有害情報に触れたり、ウイルスに感染したりする可能性もある」として、保護者にセキュリティー強化を求めている。

 調査では親の利用時間が長いと子供も長くなる傾向がみられた。保護者向けのセミナーをしているe―Lunchの松田直子理事長は「親子で話し合ってルールを作ってほしい。子供が一人で使用している時は『何してるの』と声を掛けるのも大切だ」と話している。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報