/

この記事は会員限定です

TPP、「自国優先」の対抗軸に タイ・韓国なども関心

[有料会員限定]

米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)が年内発効に向けて前進した。世界の貿易額の15%を占める自由貿易圏の誕生は、「自国優先主義」を前面に世界の通商秩序を塗り替えようとする米国や中国への対抗軸となりうる。タイや韓国、コロンビアも参加に関心を示しており、TPPが起点となって多国間協定に加わる動きが広がる可能性もある。

今国会で国内手続きが終了すれば、日本は11カ国の中でメキシコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン