中元商戦 名古屋の百貨店、ニーズ発掘競う
「自分にご褒美」「SNS映え」狙う

2018/5/18 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今月後半から本格化する中元商戦。名古屋の百貨店や小売店にとっても「年間で最も売り上げ規模が大きい催事」(松坂屋名古屋店)と重要な商戦だ。JR名古屋高島屋が簡易包装で割安にした商品で「自分にご褒美」という自宅向け需要を掘り起こしているほか、松坂屋もブランド力の高さを武器にネット利用者を取り込もうとしている。

赤いウインナーが入ったナポリタンやオムライス……。昭和の「純喫茶」の定番メニューでおなじみ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]