2019年9月20日(金)

日本光電、埼玉県坂戸市に物流センター新設

2018/5/18 22:00
保存
共有
印刷
その他

医療機器メーカーの日本光電は、埼玉県坂戸市に物流センターを新設する。関越自動車道坂戸西スマートインターチェンジの近くで大和ハウス工業が同社専用に建設する施設を賃借。2019年夏以降、関東の2カ所の物流センターを統合して出荷業務を始め、物流費の削減につなげる。

「東日本物流センタ」は、敷地面積2万1528平方メートル、地上3階建て延べ床面積約2万4174平方メートル。6月に着工し、完成は19年5月末を予定している。

日本光電は病院で使う生体情報モニターや自動体外式除細動器(AED)などを製造しており、現在、国内4カ所に物流センターがある。関東では群馬県富岡市で機器、埼玉県鶴ケ島市で消耗品を出荷しているが、事業の成長に伴い、出荷量を十分に確保できない状況になっているという。

このため両施設を統合して新たなセンターを設立。需要の拡大に対応するとともに、機器と消耗品を同時に出荷して物流費の削減を図る。ラックの整備など総投資額は約8億円。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。