/

この記事は会員限定です

新潟県内上場22社、17社が増益に 製造・建設がけん引

[有料会員限定]

新潟県に本拠を置く上場企業の2018年3月期決算は、全22社の8割近い17社が最終増益だった。堅調な設備投資が追い風の建設業や海外向け販売が伸びた製造業がけん引した。小売業も個人消費の回復で食品スーパーを中心に業績が改善しているが、人手不足への対応が引き続き課題となっている。19年3月期は好業績の反動もあり、減益予想が過半数を占める。

3月期決算の上場企業のうち、金融機関を除く22社を集計し、前の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン