/

この記事は会員限定です

埼玉県内でホテル計画相次ぐ 五輪需要に期待

[有料会員限定]

埼玉県内でホテルの整備計画や着工が相次いでいる。東武鉄道グループが2020年に和光市や川越市で新たなホテルを開業するほか、県内が地盤の丸広百貨店(川越市)も地元で宿泊事業に乗り出す。日帰り観光客が多い埼玉では宿泊者数の低迷が続いているが、訪日外国人の増加や20年東京五輪・パラリンピックを追い風に、新たな需要の創出が期待される。

東武鉄道は20年春、東上線和光市駅(和光市)の南口に商業施設とホテル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン