東北の日本酒6銘柄が最高賞 山形での国際品評会

2018/5/18 22:00
保存
共有
印刷
その他

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門表彰式が18日、山形市内で開かれ、全9部門のうち6部門で東北の銘柄が最高賞(トロフィー受賞酒)を受けた。IWCは世界最大規模のワイン品評会で、山形県が県産酒の輸出振興と訪日外国人(インバウンド)を狙って誘致。県内からは東北銘醸(酒田市)などの3銘柄が選定された。

日本酒が対象の「SAKE部門」には、過去最多の456社が1639銘柄を出品。15カ国・地域から集まった約60人の審査委員が金銀銅各賞を選定。純米吟醸など9部門の金賞の中から、それぞれの最高賞(トロフィー受賞酒)を選んだ。

本醸造部門で最高賞を受けた東北銘醸は出品した8銘柄のうち6つが金賞。後藤英之取締役製造部長は「海外でのブランド力が高まるので、今後の輸出拡大につなげたい」と喜んだ。

ワインを熟知する人物の世界最難関の資格を持つ大橋健一・共同審査委員長は「日本の審査会とはやり方が根本から違い、外国人の嗜好を知ることができる」と説明。洋食にあう日本酒造りに挑むWAKAZE(山形県鶴岡市)の稲川琢磨社長は「輸出を考えると世界規模でワイン関係者が注目する品評会が販路開拓につながる」として初めて出品した。

山形県が誘致したIWC日本酒部門の授賞式(18日、山形市)

山形県が誘致したIWC日本酒部門の授賞式(18日、山形市)

同日は日本貿易振興機構(ジェトロ)山形貿易情報センター主催の輸出相談会もあった。米国で日本酒販売に携わる審査委員の上野俊男氏は「継続して(海外の)現地を訪れ、市場を知る努力も必要」と話していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]