/

堀場製作所、阿蘇の半導体工場で新棟完成 能力2倍に

堀場製作所は18日、子会社の堀場エステックの阿蘇工場(熊本県阿蘇郡西原村)での新棟建設を完了した。投資額は27億円。半導体製造で使う主力部品の生産能力を2倍に高めた。同社は2016年、熊本地震発生から3カ月後に設備投資を発表。竣工式に出席した熊本県の蒲島郁夫知事は「堀場製作所の大きな決断で、他の多くの企業も熊本に残ってもらうきかっけになった」と語った。

地震後に熊本での工場新設を発表したのは同社が初めて。今回の増設で総延べ床面積は従来比で5割増の約2万400平方メートルに拡大。京都工場(京都市)とあわせて年間35万台の生産能力になるという。同社の堀場厚会長は「震災から2カ月後には過去最高の生産になった。従業員の思いに応えて結果がでることがわかった」と自信をにじませた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン