孫データ帝国、見えた輪郭 10兆円ファンド1年

2018/5/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)がサウジアラビアなどと立ち上げた運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の発足から20日で1年がたった。孫正義会長兼社長が自ら「石油の次はデータ」とサウジ王室を口説いて得た資金を、世界の成長企業につぎ込んでいる。投資先企業に共通するのは、膨大なユーザーデータ獲得につながるという側面だ。

SBGの決算資料によると、ファンドの合計投資額は3月末…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]