日本製鉄(下)巨大化するライバル 課題は新興国開拓

2018/5/18 19:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界最大手の欧州アルセロール・ミタルが再びM&A(合併・買収)に動き始めた。4月にブラジル条鋼大手ボトランチン製鉄の買収を完了。欧州ではイタリア鉄鋼最大手イルバを近く傘下に収める。

1月末の決算会見でラクシュミ・ミタル最高経営責任者(CEO)は「われわれが正しい方向に向かっているのは明白だ」と強調。2015年に79億ドルの最終赤字を余儀なくされた「鉄冷え」からの復活を印象付けた。すべての買収がう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]