/

東商取の電力先物上場「課題多い」 規制改革推進会議

政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学教授)は18日、エネルギー分野の規制改革に関する意見をまとめた。東京商品取引所が計画する電力先物の上場に関し「信頼性が高く、参加者に使いやすい市場を形成するには課題が多い」と指摘。東商取単独の取り組みにこだわらず、実績のある海外取引所との提携などを検討するよう国に求めた。

東商取の連結最終赤字が続いている点を指摘したうえで、電力先物の上場が「取引所の経営改善の手段として利用されるようなことは断じてあってはならない」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン