2018年9月26日(水)

スポーツ観戦、現金いらず みずほ銀や富士通が実証実験

フィンテック
2018/5/18 18:33
保存
共有
印刷
その他

 みずほフィナンシャルグループ富士通電通国際情報サービス(ISID)などは20日、スポーツイベントのキャッシュレス決済の実証実験を実施する。スマートフォン(スマホ)をチケット代わりにして入場したり、観客席に座ったまま売店の商品を注文したりする。金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックの用途を拡大させる。

 「スマートスタジアム構想」の実験は、20日に開催するアメリカンフットボールのXリーグの試合で実施し、みずほ銀行の行員や富士通、ISIDの従業員ら約100人が参加する。専用アプリをダウンロードし、顔認証機能で顔を登録すると2次元バーコード「QRコード」が配布される。入場ゲートでQRコードを読み取ると入場できる。

 観客席からスマホを使って売店の料理などをあらかじめ注文することもできる。決済時のセキュリティー対策として顔認証機能を活用する。ハーフタイムなどに売り場に行くと商品が用意され、列に並ばずに受け取れる。売店周辺の混雑解消にもつながるとみる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報