2018年8月22日(水)

ブラジル外相、対日EPA交渉11月開始に意欲
米保護主義でアジアとの通商拡大

2018/5/18 18:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ブラジルのヌネス外相は18日、都内で日本経済新聞の取材に応じ、メルコスル(南米南部共同市場)と日本との経済連携協定(EPA)を巡り、「年内にも交渉を開始したい。11月のアルゼンチンでの20カ国・地域(G20)首脳会議は良い機会だ」と述べた。米国が保護主義的な傾向を強めるなか「アジアとの通商は非常に重要だ」と指摘し、経済活性化につなげていきたい意向だ。

 ブラジルはアルゼンチン、ウルグアイ、パラグア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報