/

この記事は会員限定です

クラスアクション、集団訴訟のとりまとめサービス

[有料会員限定]

法務系スタートアップ、クラスアクション(東京・港、井沢文平社長)は21日、インターネットで集団訴訟を起こしたい被害者をとりまとめ、弁護士に仲介するサービスを始める。これまでにベンチャーキャピタル(VC)の500スタートアップスジャパンなどから総額6000万円を調達した。調達した資金は訴訟の起案に伴う事務作業を補助するシステムの開発などに使う。

被害者と弁護士の仲介サイト「enjin(円陣)」を開い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン