/

この記事は会員限定です

成田開港40年 地元農家「闘争の犠牲大きすぎた」

[有料会員限定]

日本の空の玄関口、成田空港が20日に開港40年を迎える。開港直前の激しい反対闘争で管制塔を占拠した建設反対派の1人は「国が強権的な公共工事を見直すきっかけになった」と強調するが、地元農家は「犠牲が大きすぎた」と振り返る。空港の利用者は現在1日平均11万人。過去を知らない世代も増え、闘争を象徴する旧管制塔は2020年に取り壊される。

地上約60メートルの管制室でヘルメット姿の若者らが鉄パイプを振る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン