2019年9月16日(月)

「標準理論の次」狙う実験 新粒子観測巡り話題に

2018/5/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

現在の素粒子物理学の基本となる理論では説明が難しい実験結果が、スイス・ジュネーブ近郊にある大型実験施設で得られ、議論の的になっている。未知の素粒子が存在する兆候だとする見方がある一方で、まだデータが少なく、もっと実験を重ねてから判断すべきだという慎重な意見もある。日本も新鋭の加速器を使って検証する実験を始める予定だ。

この実験は、欧州合同原子核研究機関(CERN)にある世界最大の「大型ハドロン衝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。